LHT_RSI_Arrows_onChart / RSIオシレーターポイントをチャートに表示

初心者の方にも人気のあるRSIオシレーター


サブウィンドウに表示しているのがいわゆるRSIです。
言ってみれば値幅の動きから売られ過ぎ・買われ過ぎを判断して逆張りポイントを探すオシレータです。一般的に使われているのは70以上で買われ過ぎ30以下で売られ過ぎと判断して、そこからの抜けを待ってエントリー、逆に当たると決済という使い方をします。
ちなみに、サブウィンドウに表示してあるRSIはMT4に標準装備されています。

今回、ご紹介するのはチャートウィンドウに矢印を出しているインジケーターです。
デフォルトでは”買われ過ぎ=70””売られ過ぎ=30”に設定してありますが、勿論その数値はお好みに応じて変えられます。値がラインを超えた時に矢印が出るので基本はエントリー用として考えてください。
相場の様子を見て適切な値を設定して下さい。

ただ、RSIはダマしが多いような気がしていて、これだけでのエントリー判断には危険が伴います。(もっとも、これだけで勝てたらみんな億万長者にまっしぐらですからね…)

私のお勧めの使い方としては、買われた価格、売られた価格に水平線を引いてライントレードの補助に使う方法です。
RSIはどちらかというと、感情的なオシレータだと言えます。
「この価格で買いたい!」、「ここまでは狙いたい!」
実はそんな大衆的な感情に非常にマッチしている指標だと思います。
チャートの向こう側にいる人間の感情を想像しながら、こちらのインジをご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました